あなたの「お気に入りの美容室」がきっとあるはず!

男性が通う「美容室」の条件は?

大都市と地方の格差

本来、男性にとって「美容室」は訪ねにくい場所で、女性客に混じって店内にいても落ち着きにくい雰囲気であることも大きな要因でありました。
加えて、カミソリやバリカンを使用しない店も多く、男性にとっては中途半端な感じを抱く方も多くいたはずです。
中には「美容室」に行く理由として、カットのみを安価でできるとか上向き姿勢で洗髪が楽だからという方もいらっしゃいました。
地方の町々には古くからの「美容室」が多く、業態も設備も女性専用でもあり中々男性が行く雰囲気はありません。
若い男性が「金髪にしたい」とかカラーリングやスタイリングを求める場合は、やはり、有名な技術を持ったスタイリストがいる都会の「美容室」を探し求める形となる訳であります。それでも、最初は「美容室」の敷居は高く、勇気をもって一度経験してしまえば、結構、気に入って通い始める方も多いのが現状です。

「男性専門美容室」の出現

東京では、表参道のようなファッションの発信地として数多くの斬新かつ最先端の有名「美容室」が立ち並び、全国から若い男女が押しかけております。
また、原宿ファッションや芸能人・モデルのファッションを模倣しようとする若者もこれらの「美容室」を訪れることを夢見ております。
そして、多くの「美容室」は男女の隔てなく来客できるような工夫も凝らしております。ヘアースタイリストもスタッフも男性客への接客を創意工夫し、会話や雰囲気で男性顧客の定着を図っております。
このような環境で、近年、大都市で出現し出しておりますのが「男性専用美容室」であります。これらは、基本的に美容師もスタッフも男性のみのケースが多く、男性に合ったコースメニュー仕立てとなっており、従来の「高級理容室」とは一線を画し、「美容室」の雰囲気をふんだんに盛り込んだ場所となっております。
あなたにとっての「お気に入りの美容室」がきっと見つかるはずです!