あなたの「お気に入りの美容室」がきっとあるはず!

「美容室」のお客さんの今は?

「美容室」の役割と必要性

特に女性にとっては、「美容室」はなくてならない存在そのものであることは否めません。それは、日本人女性文化の歴史の中でも明らかで、長い黒髪を整えるという「髪結い」の文化が脈々を息づいている訳であります。
現在においても、如何に老齢となろうと女性は「美容室」に通っております。
殊更、若い女性にとっては「身だしなみ」という点では最優先する要素であることは間違いのない事実であります。加えて、冠婚葬祭であったり、接客を主とする職業の方々にとっては常に必要とされているのです。解り易い例では、成人式や結婚式においては必須要件となっております。
このように、現在、「美容室」は多くの潜在需要の上に成り立っている訳ですが、決して堅調な業種という訳ではないという現実があります。

「美容室」の生き残りと変貌

美容師の世界においても男性の進出が拡大して久しく、斬新な技術を有する美容師の登場や会話力などの女性客への接客サービスで多くの固定客を有する「美容室」も多くあります。また、その躍進も目を見張るものがあります。
ここ数十年間で、地方においては「過疎」と「老齢化」で衰退して行く「美容室」の存在と、若者が集まる大都市においてはあらゆる斬新な試みを持った進化した「美容室」の出現が相まって存在しております。
24万店の「美容室」の中で、毎年8千店が廃業しており、それを上回る数の新規出店があり未だ増加傾向であると報告されております。片や、「理容室」は年々減少傾向にあります。
このような環境下、「美容室」ビジネスには男性客の獲得が不可欠であり、かつて女性の領域であった場所が大きく変貌しようとしております。
それは、現在、加速度的に発展しているのです。