あなたの「お気に入りの美容室」がきっとあるはず!

「美容室」とは女性だけのものでしょうか?

「美容室」の現状

近年の調査では日本全国の「美容室」は24万店程度で美容師資格者は50万人程となっております。
片や、「理容室」はその半分の12万店程度で理容師資格者は23万人程と言われております。
因みに、コンビニは全国で6万店程で、歯医者は7万院程度あることを考えて、その多さには驚かされる訳であります。
美容師も理容師も国家免許が必要な職業であり、高校卒業資格がなければ資格取得はできません。
従って、義務教育終了後、現場で修業しながら専門学校で学びながら国家試験に挑むというパターンが定着し、それ故に資格取得者が増えた歴史もあります。
では、このような現状で果たして「美容室」ビジネスは成り立っているのでしょうか?
かつての需給バランスも、男性が月一回程度に対して女性が二回以上と思えばこのバランスも理解できますし、単価的には「美容室」が高くその進出が増えたことも納得できますが、現実は「過疎」と「老齢化」で「斜陽化」は明らかです。

「美容室」の需要動向

今日、全国津々浦々にある「美容室」と「理容室」は果たしてどのような状況にあるのか?
全般的には、地方においては双方減少傾向であることは自明の理であります。
言うまでもなく、廃業した「美容室」跡をよく目にしますし、現存していても高齢者の女性がひとりで辛うじて賄っており、若い女性や、勿論、男性客の姿もなく、ご近所のご老人が通う場所となっております。
「理容室」においても同様で、こちらは更に高齢になった男性は頭髪への心遣いも薄れ、客足が遠のくばかりの状況となっております。
このような状況の中、「美容室」ビジネスの向かうべき方向を考えますと、それは言うまでもなく、業態の変革とマーケットの創生であります。
かつて、ご夫婦が隣り合わせで妻が「美容室」、亭主が「理容室」なんて画期的なビジネス・モデルもありましたが、今求められるものは、「男性(男子)のための美容室」ではないかと思う次第であります。